10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

「マーヴェリックス/波に魅せられた男たち」鑑賞


<主演>
ジェラルド・バトラー、ジョニー・ウェストン、エリザベス・シュー、アビゲイル・スペンサー、レヴェン・ランビン
<監督>
カーティス・ハンソン、マイケル・アプテッド
<あらすじ>
カリフォルニア州サンタクルーズで母親と生活している16歳の高校生ジェイ・モリアリティ(ジョニー・ウェストン)は、近くの海岸に現われる世界的に有名な大波「マーヴェリックス」に挑もうと考え、近所に住んでいる伝説的サーファーのフロスティ・ヘッソンジェラルド・バトラー)に指導を乞う。不可能に近い挑戦に乗り出したジェイとフロスティの間には、次第に親子のような強固な関係が築き上げられていき……。(シネマ・トゥデイより)
6/15から公開でしたが、愛知県は遅れて7/6からの公開で、やっと見ることができました。
ジェリー(ジェラルド・バトラー)は、サーファーの師の役ということで、撮影の1年近く前から、サーフィンの練習をしていました。
サーフィンは夏のスポーツのイメージですが、巨大な波「マーヴェリックス」は、12月から3月という冬の時期に起きるようです。
サーフィン中心のストーリーですが、ジェイとフロスティ、ジェイと母クリスティ、ジェイとキム、フロスティと妻ブレンダといったそれぞれの人間模様もあり、また台詞も印象に残るものがいくつかありました。
特に、ジェイが、レポートの内容に恋愛のことを書いたため、フロスティに叱られるシーンの時、フロスティの妻ブレンダが「生まれてくる子供もいれば、出会う子供もいる」という言葉・・・。ジェイがフロスティに心を許している証拠とフロスティに伝えます。よくできた妻なのに、悲劇が襲います・・・。本当に悲しい場面でした。



ジェイが、日々バドリングの練習をして、少しずつ距離を伸ばしていくシーンがありましたが、バドリングって簡単そうに見えますが、バランスをとるのがとても難しいそうです。
ジェリーもジョニー君も普通にやっていましたが、スイスイ乗れるようになるまでは、かなり練習をしたんでしょうね。ロングボードの場合は、立て膝になるそうです。映画の中でも、立て膝のバドリングもありました。
マーヴェリックス」に臨む時も、嫌がらせをしていたワルグループは、ポートに乗って、ボートから海に降りていましたが、ジェイはバドリングでひたすら進んでいました。
そして、巨大な波を体験したことで、ワルグループは当然無理と悟り、最後はジェイに「がんばれよ」とエールを送ります。
そして、ラストシーンで一度は、失敗しますが、遂に成功!!かなり感動的なシーンでした。それにしても、もの凄い波ですが、ビルの6階位の高さがあるそうです。
一番最後には、本物のジェイ・モリアティの映像が映りますが、実際ジェイを知っている人にとっては、悲しい映像だったと思います。
こちらはジェイ・モリアティのトリビュート。

また、「FROSTY WEAR」というショップがあるらしい。
FROSTY WEAR
こちらには、ジェリーとジョニー君のインタビュー記事が載っていました。

インタビュー
「エンド・オブ・ホワイトハウス」のジェリーを見たばかりですが、ジェリーの映画として、好みなのは「マーヴェリックス」かも・・・。
アクションスターのイメージが定着してほしくないという気持ちもあるので。
映画とは全く関係ないですが、ウィンブルドンの男子決勝で、鑑賞していたジェリーとブラッドリー・クーパーさん。マレーが勝ったので、大いに盛り上がりました。マレーは、スコットランド出身だそうです。深夜でしたが、ずーっと見ていました。ジェリーとブラッドリー・クーパーさんは、結構アップで映り、楽しそうでした・・・。
Gerry01.jpg
(元画像:GB GALS)

関連記事

tag : ジェラルド・バトラー マーヴェリックス ジェイ・モリアティ フロスティ・ヘッソン

Secret

アルバム

リンク

プロフィール

トパーズ

トパーズ
趣味は、映画鑑賞と音楽鑑賞。時々、コンサートへも行っています。運動は、テニスとゴルフ。ゴルフは初心者です。
過去に、主婦になってから習い事で、パン教室とトールペイント教室にも通いました。
独身時代は、コンピュータースクールのインストラクター。
今でも、PCを使う事が好きです。

FC2カウンター

最近のコメント

最近の記事

カテゴリー

RSSフィード

世界時計

外為ジャパンFX 世界時計

mixi

by 不動産 ブログパーツ
[PR]一戸建ての価格

Amazon商品















楽天