08
1
3
5
6
9
10
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

洋楽主義~ピンク・フロイド

もう、半年以上も前にWOWOWで放映されたピンク・フロイド洋楽主義。今頃やっと、録画してあったものを見ました。
全世界で2億1000万枚の売上を記録しているビッグ・バンドです。
デビューは、1967年なのでサイケデリック・ロックが盛んな頃。バンド名は、アメリカのブルース・ミュージシャン、ピンク・アンダーソンとフロイド・カウンシルからとったもの。
こちらは、2011年9月28日に発売されたリマスタリングで14枚のセットボックスの宣伝?っぽいです。アルバムの紹介と収録曲が流れて、わかりやすい内容です。ピンク・フロイドの歴史がわかります。

こちらも、リマスタリングの特別映像。TVで放映した内容と少し被っています。

「夜明けの口笛吹き」がデビューアルバム。その後、「神秘」、「モア」、「ウマグマ」と続き、そして私の好きなアルバム「原子心母」。
23分もの長~い曲ですが、旋律が大好きです。
原題が「Atom Heart Mother」なので、ほぼ直訳です。タイトルの由来は、心臓のペースメーカーの埋め込み手術が成功したというニュースからとったもので、それまでの化学電池式から、原子力電池駆動になったというニュース。



そして、1973年に「狂気」を発表し、初めて全米でNo.1に輝きます。そして、741週チャートに入り、15年間にも及びました。最終的に4500万枚のセールスになります。この辺からは、リアルタイムなので、かなり覚えています。
シングルカットした「マネー」という曲は、かなりインパクトがありました。
しかし、この大ヒットおかげで、バンドの環境が一変します。スターダムに押し上げられ、ファン層も変化します。
そのあと発売された「炎」も全米と全英で1位を記録し、その中に収められている「狂ったダイアモンド」は、脱退したシド・バレットについて書いた曲としても有名です。
「アニマルズ」、「ザ・ウォール」等もヒットしますが、私のリアルタイムはこの当たりまで。。。
「Another Brick In The Wall」

だいぶ後に発表された「対」というアルバムが再びヒットしたのは、リアルタイムではなかったので、よく知らず・・・。収録曲「孤立」はグラミー賞ベスト・ロック・インストゥルメンタル部門で受賞し、ピンク・フロイドにとって、初めてのグラミー賞受賞となりました。
2005年7月2日には、アフリカ貧困撲滅チャリティイベントLIVE8では、一夜限りの再結成で、出演しました。
「Speak to Me/Breathe/Breathe (Reprise),Money,Wish You Were Here,Comfortably Numb」

この年には、ロックの殿堂入りを果たしています。
その後、2006年にシド・バレット、2008年にはリチャード・ライトが亡くなり、再結成は難しくなりました。
最後に、リクエストランキングです。
1位「マネー」
2位「あなたがここにいてほしい」
3位「アナザー・ブリック・イン・ザ・ウォール(パート2)」
4位「狂ったダイアモンド」
5位「アーノルド・レーン」
大体予想通りの結果でした。

関連記事

tag : ピンク・フロイド シド・バレット 洋楽主義

Secret

アルバム

リンク

プロフィール

トパーズ

トパーズ
趣味は、映画鑑賞と音楽鑑賞。時々、コンサートへも行っています。運動は、テニスとゴルフ。ゴルフは初心者です。
過去に、主婦になってから習い事で、パン教室とトールペイント教室にも通いました。
独身時代は、コンピュータースクールのインストラクター。
今でも、PCを使う事が好きです。

FC2カウンター

最近のコメント

最近の記事

カテゴリー

RSSフィード

世界時計

外為ジャパンFX 世界時計

mixi

by 不動産 ブログパーツ
[PR]一戸建ての価格

Amazon商品















楽天